>

後悔しないように気をつけておきたいこと

いざという時のための安全性も確認しておこう!

マンションの強度について

デザインや立地条件が希望にかなっているという理由だけですぐにマンションの購入を決めてしまうことは時期尚早だと言わざるを得ません。
一世一代の安くはない買い物をする訳ですから、いろいろな側面からじっくり検討することをおすすめしたいと思います。

たとえば地震が起きた時、そのマンションは安全だと言えるでしょうか?
耐震偽装が騒がれたこともありましたから絶対に安全な物件を見つけることは難しいのかもしれませんが、耐震基準が満たされているかどうかを確認しておくことはとても重要なことです。
また地盤沈下や液状化によって建物が傾いてしまうことを未然に防ぐためにも、同時にマンションが建てられている土地の地盤について調べておくこともおすすめします。

水害に見舞われることも想定しておく

温暖化の影響からか日本の気候が徐々に熱帯化しているような気がします。
シトシト降る梅雨の季節はどんどん短くなり、ゲリラ豪雨と呼ばれるスコールのような集中豪雨が各地に被害をもたらすようになったのです。
激しい雨の影響で河川が氾濫したり地震の影響で津波が発生することも考えられるので、新築分譲マンションを選ぶ際にはこのことも考慮して海抜の高い土地に建つマンションの上層階が好まれるようになりました。
しかし災害発生時にはエレベーターが停止してしまうことが多いので、そのような場合の対応についても選定基準に入れておいた方がいいでしょう。

各自治体ではハザードマップという形でその地域で想定されている災害情報について公開していますから、マンション選びの際の参考にするようにしましょう。


この記事をシェアする